大学入学金一括払いは本当にお得なのか
  • 大学入学金一括払いは本当にお得なのか

大学入学金一括払いは本当にお得なのか

大学入学金一括払いは本当にお得なのか

大学進学時には、入学金を支払う必要があります。

大学へ進学される年齢のお子さんをお持ちの方は、世間でいう働き盛りの年代の方が多いかもしれません。
仕事の収入の面では、高い水準に達しているかもしれません。

ですから、入学金を一括で支払うことも考えるかもしれません。

しかし、この年代は老後について考える年代でもあります。
大学進学費用だけでなく、自らの老後資金についても考えておきたいところです。

ですから、教育ローンを利用するのかも検討してみましょう。
一週間無利息のローンも存在します。

奨学金制度を利用する

大学の進学費用を払うことができない時に、奨学金制度が思いつくかもしれません。

一口に奨学金と表現していますが、実際はさまざまです。
例えば、各自治体が運営しているもの、民間企業が運営するもの、学校が独自に設けているものなどがあります。
それらを合わせると3000以上の奨学金制度があるといわれています。

その中でも、日本学生支援機構が運営している奨学金制度を詳しく見てみましょう。
日本学生支援機構では、無利息の第一種奨学金と利息付の第二種奨学金の二つの制度を設けています。

そして、そのどちらも経済的に困難であるということが基準になっています。
さらには第一種の方が学力に関する基準が高くなっています。

しかし返済の義務はあるということを覚えておきましょう。


学費の免除

成績が著しく優秀な場合には学費が免除されることがあります。

成績優秀な学生が在籍してくれることで、多くの利点があり学校のイメージもアップするからです。
ですから、学費は学校側で負担する代わりに、優秀な生徒を受け入れたいと思っているわけです。

ただ、すべての学校で学費免除の奨学金制度を設けているわけではないので事前に調べておく必要があります。

また、相当額の学費を一部、場合によってはすべて免除してくれるわけですから、それに見合った実績がなければいけません。

それも受験シーズンに入ってからの成績結果だけではなく、少なくとも高校3年間優秀な成績を修め続けていなければなりません。

一朝一夕の努力で学費免除は、やはり甘い考えのようです。

たとえ学費免除とまではいかなくても、教育ローンより金利が低めに設定されている奨学金制度。

教育ローンを検討する前に、まず調べておきたい制度です。


三菱東京UFJ銀行の教育ローン

教育ローンを組むには、やはりこれまで信用を積み上げてきたメインバンクを使うのが一番でしょう。

それで今回はメガバンクの一つである、三菱東京UFJ銀行の教育ローンについて詳しく見てみましょう。

まず、三菱東京UFJ銀行の教育ローンは無担保型となっています。

融資に関する条件は以下の通りとなっています。

●三菱東京UFJ銀行指定保証会社の保証を受けられること
●団体信用生命保険に加入できること(保険料は銀行負担です)
●年齢が満20歳以上、完済時の年齢が満70歳以下
●勤続年数が1年以上
●前年度税込年収200万円以上

三菱東京UFJ銀行の教育ローンは幼稚園から使えます。
ですから早め早めに教育資金を用意することができるでしょう。


銀行の教育ローン

教育ローンを選ぶ時は、まず低金利のものを選びたいと思うことでしょう。

その点、国の教育ローンなら低金利で利用することができます。

しかし国の教育ローンにもデメリットがあります。
例えば、高校以上でないと利用できないこと。
幼稚園からのお受験が普通になる時代、高校以上でしか利用できない国の教育ローンでは間に合わないと思うかもしれません。

また、収入制限などで利用できない場合もあるでしょう。

そんな時、利用したいのが金融機関の教育ローンです。

公的な教育ローンに比べると金利は高くなってしまうかもしれません。
しかし融資条件のハードルが低く利用しやすいといえるでしょう。

返済能力をまず確認した上で利用できると良いでしょう。

サイトメニュー
キャッシング各社を一括で無料簡易審査
スマートフォン・携帯でアクセス

モバコインの増殖

お金のあれこれ